Λ 油売る 大豆野郎の 間歇泉


このエリアには【八俣大蛇】をこよなく愛する大豆決闘者が生息しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新書なんて何年ぶりかしら

微妙に書評:
「負けるが勝ち」の生き残り戦略 なぜ自分のことばかり考えるやつは滅びるか

用があってこの本の著者の論文を読んだのですが、
ロジックや提唱されてるモデルの前提がイマイチわかりづらく、
この本にそれについて書いてあることを知ったのでちょいと買って読んでみました。



一応論文のほうの前提とかは分かった。
つうか論文のほうは省略しすぎだと思った(爆)
まぁ本を探す前にその詳細を書いた論文っぽいものを見つけたので、
そっちでほとんど理解はしたんですが。。

じゃあ本全体の感想はというと、


薄い!!


他の方もそう評してますが、
とりあえず薄いです先生!
新書な上にページ数も少なく文字も大きいので余計内容が薄くなってます。

モデルのほうは非常に簡単で単純な部類で分かりやすいとは思うんだが、
ロジックまで簡潔に書いちゃうとむしろ理解に困ります。

一般向けに書いたんでしょうけど、
たぶん専門的な知識を持ってる人が読んだらかなり物足りない感があると思います。
もうちょいしっかり書いてほしかったなぁ・・・
まぁ新書なんてそんなもんですか。

あと著者が生物の生殖的意義に関して「個の保存」の考えに賛同してんのか、
「種の保存」の考えに賛同してんのかはっきりしないなど、
処々に散りばめられているツッコミどころは省略(爆)

あと、囚人のジレンマとかを説明するのに使った登場人物名がリアルすぎてわろたw
ホリ○モン懐かしいなぁ(ぉ

あ、ちなみに個人的に用があった事柄はこの本の本筋である、
[All Cooperative strategyは最適な戦略か]とはまったく関係ないです(爆)

まぁ興味がある人は読んでみるといいのです。
どっちかっつうと一般人向け。
この本を手に持って街歩いてるといい人に見える、かもしれません(何
またこの本を読んでAll Cooperativeに振舞うかはその人の自由です。
ちなみに私はAll C戦略は採用しないよ(
だって肝心なことがあんま書いてないもの・・・


それでは。


« (● ●)<もう、時間がないんだ・・・|Top|アニゲーランダム漆? »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fung7so.blog119.fc2.com/tb.php/101-5c4dcc45

Top

HOME

大豆野郎SOYJOY

Author:大豆野郎SOYJOY
大○製薬の回し者ではないです

スパムを「門前払い」するため、
コメントではhttpを弾いています。
ご了承ください

当サイトはリンクフリーです。
リンクしていただいた方はコメント欄等でご一報くださると助かります。
相互リンク募集中。
お気軽にどうぞ。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あなたは

人目のエリア訪問者です

この人とブロともになる

ブログランキング参加中

FC2ブログランキング

ほったらかしだけどねー

誕生日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。