Λ 油売る 大豆野郎の 間歇泉


このエリアには【八俣大蛇】をこよなく愛する大豆決闘者が生息しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武器にするのにかかる時間は?

今日は思いっきり気温下がったなー
これが正常なんだろうけど。

こんばんは。
目標がないとほとんどプレイしなくなるが、
目標を設けるとモチベが上がりすぎて廃廃しちゃう人です。

何という極端な奴。

以下長いながーい独り言(ォイ

現在のくまで既存の「武器」のほかに新たに「武器」を作るとした場合、
武器としてほぼ完成するのにかかるのはどれくらいの時間だろうか。

形式にもよるが、現在QMA5に存在する総問題数は12万問弱といったところだろう。
すなわち1ジャンルおよそ24000といったところだ。

さて、ここから1ジャンルの1つの形式に存在する問題数は、
ドンブリ勘定すれば24000÷11=1000問強といったところか。

しかしながらスロットの問題の少なさや比較的新しい線結び等、
形式によって問題数にばらつきは存在する。

実際にはスロットの500問前後~タイピング等多いもので1500問といったところか。

ということは、スロットは別として、
他形式は大体1ジャンル1形式あたり平均1200問というところだろう。

さて、ここでは本格的に覚えて「極める」ことを目的としている。
それについて形式ごとにやり方が異なってくる。
くまの擬似プログラム使うのが一番早いんだろうけどそれはこの際無視。

QMAの問題はネット上に問題集が転がっているが、
この問題集が役に立つ形式と、実際に自分でガンガン予習しないとどうしようもない形式がある。

問題集だけで実戦にすぐ活きると予想されるものは、
○×、タイピング、ビジュアル等である。
これらは「1つ答えれば正解」であること、
のほかに選択肢が無い(極めて少ない=2個)ことが挙げられる。
但しタイピング系はスピードや見きり等、別の技術が必要となるため、
実際に「極める」のにはかなりの時間がかかると思われる。

四択、連想、線結び、多答、順当て
といった形式は、普通ネット上には答えしか転がっていない。
ダミーの選択肢がネット上にあまり無いのである。
これらは本格的に覚えるなら、実際に自分で選択肢ごと回収し、
ダミーの選択肢や順番をばらばらにして実際に問題を解くような様式で練習したほうが良い。
直接答えを覚えるより、実際に解く過程で覚えるほうが効率がいい。
線等は当然として、即答系は総じて面倒な形式といえよう。

また、これは並べ替えにも言えることである。
あらかじめ文字列をばらばらに並べ替えておくのである。
あらかじめ並べ替えるという作業以外、それほど苦が伴う形式ではない。
予選でも比較的良く選ばれる形式のため、速さ等も意識すればある程度までは身につきやすい。

「実際に予習しないとどうしようもない」のは四文字・スロットである。
四文字はまず文字群を「回収」するのは困難である。
スロットも同様。
また、スロットは全ジャンル中最も速さが要求される形式のため、
予習で実際に文字列を見切る技術等を鍛えるしかない。
そのかわり問題数が少ない上にトナメ遭遇率が高いため、
最も速く極められる形式でもある。
逆に四文字はタイピング等に比べてはるかに難度が高い。
「音」だけとはいかず、正確な「字の形」に加え、
5×2という平面(2次元)の文字列から、
素早く答えと目的の文字を見つけなければならない。
問題集も役には立つが、これにはやはり「慣れ」が必要である。
但しタイピング等に比べ速さはあまり要求されない。
必要なのはむしろ正確さである。


では、ここで本題。
独自の回収が必要であり、
問題数も1200問前後のものを武器にするとしたら、
どのくらいの時間、またはクレが必要か?


現実的かつ理想的な条件として、
近くに1クレ100円予習3周6問の台がある店があったとする。
プレイはすべてこの台で行なうとする。
最短クレ数を見るため、予習は全て武器としようとしてるものに費やすこととする。
無論決勝でもそれを投げるとする。

1クレごとに回収する問題数はどのくらいだろうか。

ここでは☆を4~5にしてからの状況を考える。
そこまで上げるのにかかるクレ数が最短6クレ~多くても10クレ強とすれば、
1200問を相手にした場合、全体としてみれば無視できるクレ数だからである。

さて、1クレで遭遇する問題数の平均は、
6問×3周+予選開始まで0~2問+トナメ遭遇率×6問+決勝進出率×3問+α
トナメ遭遇率は人気形式かどうかでかなり左右され、
また決勝進出率も個人の実力しだいでかなり変わるが、
期待値からおよそ20問~22問とするのが良いだろう。

さて、予習を回し始めた序盤では、8割~9割は未見が来ることが考えられる。
わかりやすいようにここでは3クレ中50問としよう。

おそらく50問/1クレのペースは400問/1200問が限界であろう。
ここまでが400*1/50*3+β(減速)=30クレである。

わかりやすいようにこのあたりから未見回収ペースを30問/1クレとする。
実際にはかなり変動があるはずだが、全体の7割(800問)を回収したあたりから、
ペースはさらに落ちることが予想される。

ここまでが先の30クレに加え400*1/30*3=+40クレ+β=約80クレ
ここからが問題である。劇的に速度が下がるのだ。

残り400問~残り200問まではおそらく10問/1クレと考えたほうが良い。
だが、その武器も8~9割回収すればかなり使えるレベルになる。

つまり、すごーくテキトーに計算すると、
武器として使えるまでにかかるクレ数はおよそ100クレなのだ。
残りの1~2割は頑張って回収するしかない。

無駄に計算してたが、
(母数が1200くらいなら)結局100クレで1000問くらいと考えればよい。

理系なんだから関数で記述するとかもっとエレガントな方法があったはずだが、
私はスウガクキライノフ・イキモノスキーの二つ名を持つくらいである。
つうか途中で考えるのが面倒臭くなってしなかった(


さて、仮に1週間に10クレくらいプレイしたとしよう。
もっとするわ!という人がいると思うが、既存の武器がある以上、
実際新武器に回すのはこのくらいと考えるのがいいだろう。

するとこのペースで1000問集めるのならば、10週間+α、
新武器開発にはおよそ2ヵ月半かかる。
その間に新問配信もあるので、極める(9割回収)には3ヶ月といったところか。



・・・遠いな~

2ヶ月くらいで済むかと思ってたんだが。

学連が完成するのは7月かな~

タイピングとか対策してる人いるけど、
アレは多分武器にするわけでもないので問題集使うんだろな。
1ジャンルにつき1ヶ月くらいあれば予選落ちは避けられるのかも。
でも新武器開発してる人間にはもったいなくてできんw


まあ何が言いたいかと言うとだねマイブラザ。

極めない→1ヶ月で済む
極める→3ヶ月かかる


順番当てとかだと4ヶ月くらいかかりそうw

まっさらな武器を作るのに如何にコストが要るのかよく分かりました。

でも与えられた選択肢は
・つづける
・がんばる



カービィ64ネタでした(何

ふう、書きたいこと書いて満足した。

それでは。


追記:
武器にするまで~を計算してみた。

あと上の1200問ってのは結構甘い。
実際には2000問くらいで考えたほうがいいかも(爆)

« 昨日の|Top|立ちはだかる強敵 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fung7so.blog119.fc2.com/tb.php/151-2e447449

Top

HOME

大豆野郎SOYJOY

Author:大豆野郎SOYJOY
大○製薬の回し者ではないです

スパムを「門前払い」するため、
コメントではhttpを弾いています。
ご了承ください

当サイトはリンクフリーです。
リンクしていただいた方はコメント欄等でご一報くださると助かります。
相互リンク募集中。
お気軽にどうぞ。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

あなたは

人目のエリア訪問者です

この人とブロともになる

ブログランキング参加中

FC2ブログランキング

ほったらかしだけどねー

誕生日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。